仮想通貨「ビットコイン」がにわかに注目を集めています!そして、着実に成長拡大しています。

私の周りでも「老後の資産運用のためにビットコインを検討したい!」という人が増えてきました!私もビットコインを保有しています。

「ビットコイン」を老後の投資対象として資産運用出来ると良いですよね!

 

実は私は「仮想通貨」について、ずっと違和感というか「あやしいもの」という認識でいました。

ところが、最近の動きを見ていると考えが変わってきました。「ほんもの」だと認識するようになってきました。

私のビットコインにたいする考え方を変えたきっかけは国の動きです。

2017年4月から「仮想通貨」に関する新しい制度(改正資金決済法等の施行)が開始されました。同時に、金融庁が ビットコインの「取引所」を認可することにしました。

つまり、国がビットコインを認め、その正しい発展の為に法律を作ったんです。

 

「ビットコインってなに?」「そんなに凄いことになっているの?」
「どこで買うの?」「リスクはないの?」

いまさら人には聞けないですよね?!

 

そんなビットコイン初心者の方向けに、

「ビットコインとは?」

「資産運用となりうるか?」

「使い方」

「購入方法」

をご紹介します!

定年後の資産運用の一助になれば幸いです!

スポンサーリンク

最初に「ビットコイン」について!

30分ちょっとの動画です。ビットコインの概要がきちんと説明されています!

ビットコインは2009年に誕生したばかりなのですが、凄いことになっていますね!

老後の資産運用にとって、見逃すには惜しい「ビットコイン」です!

ビットコインの相場の推移と今後の予想は?

それでは、本題です!

ビットコイン投資で本当に資産運用が出来るのでしょうか?

相場はどうなっているんでしょうか?

さっそく見てみましょう!

現在、ビットコインの相場は右肩上がり!

 

 

上記チャートは2017年11月7日から2017年12月7日までのここ1ケ月の価格推移を示しています。

表にはありませんが、2016年はゆるやかな右肩上がりを示し、2017年に入って高低差を繰り返しながらも11月頃から高騰しています。

 

実際の価格を見てみましょう。 1ビットコイン当たりの日本円です。

2016年7月23日時点では69,198円、2017年5月18日では217,952円。2017年12月7日では1,635,246円。
2016年7月と2017年12月をくらべてみると、金額差は1,566,048円、上昇率は23.6倍となっています。

凄すぎます! この伸び!

マイナス金利が定着している昨今。 金融機関に預けている預貯金は湿ったままです?!

 

やっぱり、真剣に検討する価値はあるようです!

 

ビットコインの相場は今後どうなる?

それでは、今後の相場予想はどうでしょうか?

多くの専門家が右肩上がりを予想しています。

右肩上りの要因を上げてみましょう!

  1. 仮想通貨への認識が広がってきている。
  2. 仮想通貨への法整備や規制が進み、安心通貨となりつつある。
  3. 多くの金融機関が取扱を開始してきている。
  4. 仮想通貨を取り扱う店舗が増えてきている。
  5. 各国の政府機関がビットコインの保有に乗り出す可能性がある。
  6. ブロックチェーン熱が高まってきている。
  7. ビットコインの発行制限数が希少価値を生み出している。

一方、不安要素もあります。

  1. ビットコインの取引が中国に集中している。7割から9割近く。
  2. マイニング(採掘)のサーバーが中国に多く存在している。
  3. 中国元に左右される。上がると、ビットコインの価値が下がる。
  4. ビットコインの欠点が今後発生してくる。
  5. ハードフォークの整理が必要となる。
  6. 話題先行で高騰しすぎ!
  7. 他の仮想通貨の展開が見えない。

プラス要因マイナス要因を同数挙げてみました。

期待半分、不安半分ですね!

ビットコイン投資で老後の資産運用は可能か?

“ビットコイン投資で老後の資産運用は可能か?”については

「あなた自身の考えと判断!」によると思います。

 

確かに、最近のマイナス金利環境では資産運用が難しくなっています。
面白い材料も見当たりません。

そこに「ビットコイン」が登場してきました。

相場を見るとムズムズしてきます?!

 

ですが、老後の資産運用で大きなケガはできません。
リスクとの見合いが肝心です。
若いときと違って、大きなリスクは禁物です。

 

ここは悩みどころです。

スポンサーリンク

ビットコインの使い方は?

「ビットコイン」は投資対象でもありますが、使う場面も以下のようにたくさんあります。

  1. 取引所でトレードする。
  2. 買い物や飲食での代金支払いに使う。
  3. 「ビットコイン デビットカード」のサービスを利用する。
  4. 個人間で送金や入金をする。
  5. 寄付や募金に使う。

この様に、いろんな使いみちがあります。
一般的な通貨の使い方とは違います。
利点もたくさんあります。

詳しい使い方は、ビットコインウォレットの種類と比較!使える実店舗と使い方実践編!をご覧ください。

ビットコインの購入方法は?

ビットコインを手に入れる方法は大きくわけて3つあります。

  1. 購入
  2. 採掘(マイニング)
  3. 収入

ここでは、「購入」について簡単にまとめてみました。

ビットコインは「取引所」で購入します!

ビットコインは基本的に「取引所」と呼ばれるビットコイン売買の仲介所で購入します。
海外にも国内にもあります。

一方、日本でも最近では「ビットコインATM」が設置され、そこでも手軽に購入することが出来るようになってきました。

詳しい購入の方法は、

ビットコインの1番簡単な購入方法!おすすめは取引所かコンビニか?

をご覧ください。

購入をお考えならこちら↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

いががでしたか?

知らなかった!では済まされない「ビットコイン」!

確かにITの発展で通貨の概念も大きく変ってきました。
財布にお金を入れて歩く時代は過去になりつつあります。

老後が長くなった今、新しいものを貪欲に吸収し、使えるものは何でも利用しましょう!

「ビットコイン」はそんな存在かもしれません?!

スポンサーリンク