毎月、第2・第4月曜日に発売される生活情報誌「プレジデント」(2017.2.13号)で面白い記事を見つけました。

この号の表紙タイトルは「1%の人しか知らない 金持ち夫婦の全ウラ技 大百科」!

そのなかの「特別付録」記事 ズボラ向け 世界一カンタンな山田式家計簿!

思わず引き込まれるタイトル?! 早速、中身を見てみました。 定年後のマネープランに活かせそうです!

スポンサーリンク

家計簿要らずの新しい家計簿とは?しかもズボラ向け!

記事で紹介されていますが、山田さんは「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の著者でした。私は以前その本を買っていました。当時のベストセラーでした。

これって、「偶然?」「必然?」それとも「引き寄せの法則?」でしょうか。

それはともかく、早速どんな家計簿なのか見てみましょう!

一般的な家計簿は使った金額=支出を記入(支出家計簿)しますが、この山田式家計簿はある時点の残高を記入します。名付けて「残高家計簿」

この山田式家計簿の特徴は「何に使ったのか」ではなく「使った結果いくら残っているのか」が解ることです。又、前回記入した金額との比較が出来ます。

比較した結果、その増減が大きい場合に要因を確認します。増減幅が少ない場合は、放っといてOKです。そこがズボラの所以です。

支出家計簿は失った金額を眺めるわけで精神衛生的にもキツイ部分が有りますね。その点、残高家計簿は今これだけお金を持っているのかが解り、未来予測も出来て明るい気持ちになれます。

尚、この残高家計簿の記入頻度は、月1回・3ケ月に1回・半年に1回・年に1回でも良いそうです。これもズボラの所以です。

私も実際に使ってみました!

この残高家計簿は嬉しいことにオープンになっています。

先ず、ネットで「プレジデント」と検索して下さい。すると、Informationで案内されています。

「世界一カンタンな山田式家計簿」

ここからダウンロードすると、4種類のファイルが出てきます。この中から選んで下さい!

私は「夫婦用」を選んで記入してみました。 残念ながら公表出来ませんが、我家の現預貯金額が把握出来てしまいました?!

このサイトの記事「定年後に失敗しないマネープランの作り方はコレ!」で私手作りのExcel表で年齢別に残高表を紹介しました。若干考え方は似通っています。

スポンサーリンク

ラテマネーも馬鹿になりません!

ラテマネーリストなる表も上記4ファイルの中に有りました。

「ラテマネー」とは「毎日のようについ無意識で使ってしまうお金」の事だそうです。つまり習慣的な無駄遣い!

毎日のようにコンビニに行き、ついつい買ってしまうカップコーヒーやペットボトル。一個一個は少額ですが、積み重なると大きな金額になります。

例えばスタバのカフェラテ@160を毎日だと年間では13万円強となります。タバコは無駄遣いで無いと主張されますが、@400で年間15万円程になります。

この表は支出家計簿の類です。思いっきり精神安定的にキツイ状況に追い込むことを意図した表です。

私も記入しながら改めて無駄使いが多いことを悟りました。皆さんは如何ですか?

まとめ!

定年後のマネープランは一番と言って良い程大切な事です。

かと言って、常にお金・お金・・・では精神衛生上良くありません。

私もこの山田式家計簿を上手く利用して定年後を上手く乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク