いよいよ定年を迎えます。そして定年後の生活が始まります。

定年を迎えるに当っていろんな手続きをしなければならないだろうって事は解ります。ですが、やっておくべき事柄がよく解っていません。

雇用保険は?、年金受給は?、健康保険は?、税金の支払いは?他には?

今まで会社任せにしていたので、その辺の知識は全く有りません!しかも、これらの手続きは今後全部自分でしなくてはならない様です!

そこで、今回やっておくべき手続きは何なのかを調べてみました。先ず、準備編です!

スポンサーリンク

退職前に用意しておく必須アイテムはコレです!

  1. 年金手帳・・・・会社に保管している場合が多いので、退職時までに取得して下さい。
  2. 健康保険被保険者証の写し・・・・在職中に使用していた被保険者証の写しを取得して下さい。
  3. 雇用保険被保険者証・・・・会社に保管している場合が多いので、退職時までに取得して下さい。
  4. 厚生年金基金加入者証・・・厚生年金基金に加入されていた方は、会社から取得して下さい。
  5. 戸籍抄本・・・年金請求時に必要です。
  6. 認印・・・・いろんな手続きに必要です。
  7. 写真・・・・3cm×2.5cmを数枚用意して下さい。
  8. 普通預金通帳・・・・雇用保険(失業等給付)の手続きに必要です。
  9. 身分証明書・・・・マイナンバーカード・運転免許証・パスポート・健康保険証等用意して下さい。
  10. 会社離職票・・・・会社交付書類。ハローワークで求職申し込み時に必要です。

定年後の必須手続き(雇用保険・年金受給・健康保険・税金)には、上記の必須アイテムが必要となります。

項目毎に必要なモノは違いますが、取り敢えず上記の9個は1セットで揃えておくと困りません!

退職後に用意する必須アイテムも有ります!

「離職票-1」「離職票-2」が有り、会社から貰います。雇用保険の手続きに必要です。

この離職票は会社とハローワークとの手続きに時間を要するため、退職翌日には貰えません。離職後10日以内を目安に入手日を会社と確認しあって下さい。只、この離職票が無いと雇用保険(失業等給付)の手続きが出来ないので、早めに入手して下さい。

退職前に確認しておく場所はココです!

  1. ハローワーク・・・失業給付の相談や申請、再就職の相談
  2. 年金事務所・・・・年金受給の相談や申請
  3. 健康保険組合・・・・健康保険の相談や手続き
  4. 市区町村役所・・・・健康保険の相談や手続き
  5. 税務署・・・・住民税・確定申告等の相談や手続き

上記の場所は是非確認しておきましょう。特にハローワークや年金事務所は普段関わりがないので必ず確認しておいて下さい。

スポンサーリンク