2017年新語・流行語大賞が12月1日に発表されます。34回目となります。

その大賞候補30語が主催者(ユーキャン)より発表されました。

果たして大賞に輝くのはどの言葉なんでしょうか?芸能ネタが今年も外れるのでしょうか?

スポンサーリンク

2017年新語・流行語大賞候補30語はコレ!

この30語(作品?)が2017年新語・流行語大賞の候補です。

「それそれ!」「いいとこツイてる!」「聞いたことあるけど、なんだたっけ?!」「初めて聞く言葉、流行に乗り遅れてる?」「これは納得がいかない。他にもあるよね!」

皆さんの感想はいかがですか?

将棋人気で「藤井フィーバー」「ひふみん」はよく聞きました。政治ネタも多いですね!「忖度」は私の回りでも使う人が多かったです。豪雨の年でもありました。「線状降水帯」は初めて聞きました。「9.98」は快挙でしたね。10秒の壁をやっと突き破りました。「Jアラート」が身近な言葉になったのは困ったものです。

とりわけ「人生100年時代」はわれわれ老後世代に直接響きます。このサイトは「ピンピンコロリで80歳超え!」なんですが、「100歳超え!」に訂正しますかね?!

ちなみに、「アウフヘーベン」「うつヌケ」「GINZA SIX」「ワンオペ育児」などは初めて聞きました。今から調べてみます!

この候補30語で2017年を振り返る事ができます。とりわけ主催者のユーキャンに感謝です。

2017年新語・流行語大賞に「芸能ネタ」は選ばれるのか?

新語・流行語大賞にはほとんど「芸能ネタ」が定番です。授賞式には芸能人が出てきて、満面の笑みを浮かべているのが印象的です。特にお笑い系が多いですよね。

「芸能ネタ」が多いと「平和」だなって気がします。

ところがここ2年は事情がちがっているようです?!

2016年は広島カープの「神ってる」、2015年は社会ネタの「トリプルスター」「爆買」でした。

2017年の候補でも「芸能ネタ」は少ないようです。社会が緊張・緊迫しているのでしょうか?

2017年新語・流行語大賞に注目しましょう!

そもそも新語流行語大賞とは?

これは、ユーキャンHPより抜粋したものです。

説明文中で「軽妙に世相を衝いた表現とニュアンス」という箇所が印象的です。

思い浮かべるのは「サラリーマン川柳」や「シルバー川柳」です!

どれも、思わず表情がゆるんできます。日本の大好きな文化です。

スポンサーリンク

2016年と過去はコレ!

これが2016年新語流行語大賞候補30語です。

懐かしい言葉や2017年でも通用していることばが並んでいます。

そうなんです! 赤く強調している⑦「神ってる」が大賞だったんです。

ちなみに、2017年の広島カープはセリーグでぶっちぎりの優勝でしたが、CSで横浜DeNAに負けてしまいましたね。

それでは、2010年からの大賞を見てみましょう!

  • 2016年:「神ってる」
  • 2015年:「トリプルスター」「爆買」
  • 2014年:「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」
  • 2013年:「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」
  • 2012年:「ワイルドだろお」
  • 2011年:「なでしこジャパン」
  • 2010年:「ゲゲゲの」

まとめ

いかがでしたか?

「言葉の力」ってすごいですよね!

さて、2017年の大賞はどれが選ばれるんでしょう?

私の独断予想では・・・・・

「9.98」「忖度」「Jアラート」「人生100年時代」

 

ただ、私は「国難」を入れて欲しかった!

スポンサーリンク